学生紹介(卒業生)

* 臨床心理士有資格者

博士後期課程

古志 めぐみ*(平成29年度)

研究テーマ
学校生活に着目したメンタルヘルス支援<
卒業論文
「やさしさ」からとらえる現代青年の友だちとのつきあい方
修士論文
入学期における保育短大生の学生生活とメンタルヘルスとの関連

→業績はこちら

太田 祐貴子*(平成28年度)

研究テーマ
保育者の子どもへのかかわり方に関する研究<
修士論文
保育現場における保護者対応の現状と困難、その援助―メンタルヘルスに着目して―

→業績はこちら

斉藤 あゆみ*(平成27年度)

研究テーマ
学校の援助資源活用に関する研究
卒業論文
「学校力」アセスメントシートの作成―学校臨床に関するアクションリサーチに向けて―
修士論文
心理臨床家が活かす学校の援助資源とは―「学校力」の視点から―

→業績はこちら

朝日 香栄* (平成26年度)

研究テーマ
児童期・青年期の子どもの学校におけるメンタルヘルスと仲間・友人関係
卒業論文
仲間関係が希薄に見える子どもの仲間関係の状態像―小学校の休み時間の縦断的観察から―
修士論文
親友関係Chumshipの形成過程として捉えた児童期から前思春期にかけての仲間関係 —縦断観察法と回想法を用いて—

→業績はこちら

今野 直子* (平成26年度)

研究テーマ
児童福祉施設に関する研究
修士論文
乳児院発達臨床心理学的アプローチを用いた事例研究

→業績はこちら

杉浦(冨田) 貴代子* (平成25年度)

研究テーマ
途上国での子どもの発達の早期支援
修士論文
フィリピン(セブ島)におけるCDC発達検査の検討 —生活に根ざした援助のために—
博士論文
フィリピンにおける幼児への心理臨床的支援に関する研究 —就学前教育支援プログラムの構築を通して—

→要旨(日本語版)はこちら

→要旨(英語版)はこちら

→業績はこちら

高石 朋奈* (平成24年度)

研究テーマ
学校における「心の教育」に関する研究
卒業論文
中学生の立ち直り経験とソーシャルサポート・友人への適応感の関連
修士論文
心の教育における生徒の「気付き」の体験

→業績はこちら

谷田 征子*(平成23年度)

研究テーマ
夫婦の相互性と地域のつながりからみた子育て支援
修士論文
夫婦の相互性と地域ネットワークとのつながり —心理学的アプローチからの子育て支援に向けて—
博士論文
子育て期の夫婦関係と自己成長 —夫婦の相互性と時間的展望との関連—

→要旨(日本語版)はこちら

→要旨(英語版)はこちら

→業績はこちら

壺井 尚子(平成23年度)

研究テーマ
食育の発達臨床心理的支援プログラム

→業績はこちら

具 英姫*(平成23年度)

研究テーマ
韓国人「ニューカマー」の子育てにおける生涯発達臨床心理学的支援

→業績はこちら

木村 恵理* (平成23年度)

研究テーマ
児童養護施設に関する研究
卒業論文
児童養護施設卒園生の形式的自立と内的成熟の関係―人生転機としての卒園をめぐる語りから―
修士論文
児童福祉施設の生活をめぐる主観的体験―生活におけるウェルビーングを目指して―

→業績はこちら

井梅 由美子* (平成20年度)

→業績はこちら

平山 敦子* (平成19年度)

→業績はこちら

南山 今日子* (平成19年度)

→業績はこちら

森 稚葉* (平成18年度)

→業績はこちら

太田 沙緒梨* (平成18年度)

→業績はこちら

永井 美鈴* (平成18年度)

→業績はこちら

武田 洋子* (平成17年度)

→業績はこちら

山脇 澄子* (平成16年度)

→業績はこちら

畑山 愛* (平成15年度)

→業績はこちら

櫻井 聖子* (平成13年度)

→業績はこちら

博士前期(修士)課程

宮本 蘭(平成29年度)

修士論文
乳児院における乳児の心理的ケア-入所直後からの短期観察をもとに-
→業績はこちら

外山 愛(平成29年度)

修士論文
思春期における被援助志向性とメンタルヘルスの関連
→業績はこちら

黒木 咲(平成28年度)

修士論文
乳児院の乳児の愛着形成に関する研究
→業績はこちら

大野 愛実(平成28年度)

修士論文
両親間葛藤が青年の対人関係にに及ぼす影響   
→業績はこちら

藤田 里左子(平成27年度)

修士論文
ひきこもりが継続するプロセス―家族関係に着目して―

飯島 一葉(平成26年度)

修士論文
アジア貧困地域における親子プログラムの検討―持続可能な支援を目指して―

小柳 明子(平成26年度)

修士論文
中学生のメンタルヘルスを支える友人関係―中学移行期に着目して―

長屋 裕子(平成25年度)

卒業論文
縦断調査から見たレジリエンスとメンタルヘルスとの関連

→業績はこちら

修士論文
小・中学生における個人内資源としての回復力とストレス体験―レジリエンスを活かしたメンタルヘルス支援のために子育てに関する母親の主観的体験世界の変化―

松澤 あずみ(平成25年度)

修士論文
子育て支援における絵本の活用―心理教育の観点から見る親子に向けた絵本読み聞かせの意味―

西垣 かおり(平成24年度)

卒業論文
Motherhood Constellationから見た現代日本における母親期の女性の心的世界についての研究

→業績はこちら

修士論文
子育てに関する母親の主観的体験世界の変化―母性のコンステレーションの変化に着目して―

伊藤 朋子(平成24年度)

修士論文
乳児院の乳児の心的生活―心理職の行うコミュニティアプローチ―

→業績はこちら

安藤 未知(平成23年度)

修士論文
母親の子育て支援コミュニティの活用―ベビーマッサージ講座を対象として―

小尾 恵美子*(平成22年度)

卒業論文
幼稚園での生活における情動調整の発達―身体的調整行動を指標にして―
修士論文
乳幼児の情動調整と親子関係のあり方―再接近期における扱いづらさに着目して―

塚田 益代* (平成19年度)

卒業論文
中学生の被援助志向性と問題行動の関連
修士論文
子育てピアサポートプログラムの検討―地域子育て力の向上を視野に入れて―

→業績はこちら

近藤 文子* (平成18年度)

卒業論文
幼児の食行動とその心理的意味の検討―弁当場面の観察から―
修士論文
幼児の共食場面における情緒共有様態―発達臨床心理学的検討―

→業績はこちら

中俣 苑子* (平成18年度)

卒業論文
大学生の対人恐怖的心性に関する一考察―ふれあい恐怖に焦点をあてて―
修士論文
対人関係における「膜をはる機能」とは―現代的な関係性の再考―

→業績はこちら

大須賀 隆子 (平成17年度)

修士論文
幼・小移行期の保育のなかで自己感を育てる心理臨床コンサルテーション―関わり合いの難しい子どもと保育者との情動調律を通して―

→業績はこちら

村木 紘子* (平成17年度)

修士論文
エンパワメントの観点からみた母親の参加体験過程―保育園・子育て広場における子育てネットワーク構築の試みから―

→業績はこちら

森田 千穂* (平成17年度)

卒業論文
大学生の無気力の多面的研究―要因・主観的認知・対処法を探る―
修士論文
相談動機の低い思春期の生徒への予防的・心理臨床的支援を探る―縦断メンタルヘルス調査から見えた「相談しない」「相談できない」子どもたちの臨床像―

→業績はこちら

井上 万理子* (平成14年度)

修士論文
乳幼児と母親の相互作用における調律行動の一研究―発達におくれのある子どもと母親の愛着形成の視点から―

学部

櫻川 苑子(平成26年度)

卒業論文
インターネットによる子育て支援

池田 晴香(平成24年度)

卒業論文
青年期から成人期への移行期における母娘関係の変化のプロセス

下中 由有希(平成24年度)

卒業論文
青年期のストレス対処に及ぼすユーモアの影響について―支援的ユーモア尺度の検討―

二見 英莉(平成24年度)

卒業論文
働く母親の子育て感情―サポートに焦点を当てて―

前田 妃佳里(平成23年度)

卒業論文
青年のもつ家族観と将来の家族イメージの関連―大学生を対象とした調査から―

高田 幸輝星(平成22年度)

卒業論文
食事場面における初期の母子の相互作用

立林 瑞穂(平成21年度)

卒業論文
日本人高校生の海外留学における異文化適応と家族の役割

岩本 千華子(平成20年度)

卒業論文
30~40代独身女性が「食」に付与する主観的意味

若松 香里(平成20年度)

卒業論文
大学生の家族関係に関する検討

内野 葉月 (平成17年度)

卒業論文
働く親が利用できる地域の子育て支援―保育園での支援に着目して―

酒井 味香子 (平成17年度)

卒業論文
児童期における食事場面の描画およびイメージの検討―大学生における食の心理的意味と絡めて―

関口 貴子 (平成17年度)

卒業論文
幼稚園年長から小学校1年生にかけた子どもの学校生活における人との関わりの検討―インターンシップの体験をもとに縦断的な参与観察から―

中島 明子 (平成17年度)

卒業論文
女子中学生が持つ「居場所」と学校メンタルヘルスとの関連
inserted by FC2 system