修士論文/卒業論文

博士論文

2017年度 (平成29年)

    • 保育者と心理職の協働による親支援―親教育を主軸に据えた実践から―

→要旨(日本語版)はこちら

→要旨(英語版)はこちら

    一言メッセージ: 論文審査合格に至るまでに何度も挫けそうになり苦しい作業が続きましたが、関門を一つ一つくぐっていく度に論文の内容が改良されていくのを実感しました。博士論文に取り組むことを通して論文を書くことの苦しさと責任、そして喜びを存分に体験したように思います。もうダメだと思うような時でも、意志ある所には必ず解決法がある、ということも学びました。これらを糧に今後も職務に励んで参ります。 青木先生をはじめとする審査員の先生方、そして折々に助けてくださった青木研OG、院生の皆さま、研究に関わってくださった皆さまほか、応援してくださった全ての方々に心より感謝申しあげます。これから論文を執筆する皆さま、頑張ってください!!

2015年度 (平成27年)

    • フィリピンにおける幼児への心理臨床的支援に関する研究―就学前教育支援プログラムの構築を通して―

→要旨(日本語版)はこちら

→要旨(英語版)はこちら

2011年度 (平成23年)

    • 子育て期の夫婦関係と自己成長―夫婦の相互性と時間的展望との関連―

→要旨(日本語版)はこちら

→要旨(英語版)はこちら

修士論文

2017年度 (平成29年)

  • 乳児院における乳児の心理的ケア-入所直後からの短期観察をもとに-
  • 思春期における被援助志向性とメンタルヘルスの関連
  • 心理臨床家と保育コンサルテーション―保育者に役立つ心理臨床家の子ども理解と説明の方略についての検討―
  • 保育短大生の実習体験とキャリアレディネス―心理教育の可能性を模索する―

2016年度 (平成28年)

  • 乳児院の小規模グループケアへの移行による対人交流様式の変化-抱っこ場面のアイコンタクトに着目して-
  • 両親間葛藤への巻き込まれと両親の葛藤解決行動が大学生の対人関係や結婚観に与える影響

2015年度 (平成27年)

  • 在日中国人留学生の異文化適応における愛着および文化変容態度の役割
  • ひきこもりが継続するプロセス―家族関係に着目して―

2014年度 (平成26年)

  • アジア貧困地域における親子プログラムの検討―持続可能な支援を目指して―
  • 年齢差のある乳幼児グループの共食の援助―乳児院の小規模グループケアへの移行支援に向けて―
  • 中学生のメンタルヘルスを支える友人関係―中学移行期に着目して―

2013年度 (平成25年)

  • 小・中学生における個人内資源としての回復力とストレス体験―レジリエンスを活かしたメンタルヘルス支援のために子育てに関する母親の主観的体験世界の変化―
  • 子育て支援における絵本の活用―心理教育の観点から見る親子に向けた絵本読み聞かせの意味―

2012年度 (平成24年)

  • 子育てに関する母親の主観的体験世界の変化―母性のコンステレーションの変化に着目して―
  • 乳児院の乳児の心的生活―心理職の行うコミュニティアプローチ―

2011年度 (平成23年)

  • 母親の子育て支援コミュニティの活用―ベビーマッサージ講座を対象として―
  • 親子の関係性促進プログラムの効果の検討―途上国の貧困地区にある食事支援施設での実践から―
  • 対応が困難な保護者と遭遇した保育者のバーンアウトと援助志向性

2010年度 (平成22年)

  • 入学期における保育短大生の学生生活とメンタルヘルスとの関連
  • 乳幼児の情動調整と親子関係のあり方―再接近期における扱いづらさに着目して―

2009年度 (平成21年)

  • 心理臨床家が活かす学校の援助資源とは―「学校力」の視点から―

2008年度 (平成20年)

  • 心の教育における生徒の「気付き」の体験
  • 乳児院発達臨床心理学的アプローチを用いた事例研究

2007年度 (平成19年)

  • 児童福祉施設の生活をめぐる主観的体験:生活におけるウェルビーイングを目指して
  • 保育現場における保護者対応の現状と困難・その援助:メンタルヘルスに着目して
  • 子育てピアサポートプログラムの検討:地域子育て力の向上を視野に入れて

2006年度 (平成18年)

  • 対人関係における「膜をはる機能」とは:現代的な関係性の再考
  • 幼児の共食場面における情緒共有様態:発達臨床心理学的検討
  • 親友関係Chumshipの形成過程として捉えた児童期から前思春期にかけての仲間関係:縦断観察法と回想法を用いて

2005年度 (平成17年)

  • エンパワメントの観点からみた母親の参加体験過程:保育園・子育て広場における子育てネットワーク構築の試みから
  • 幼・小移行期の保育のなかで自己感を育てる心理臨床コンサルテーション:関わり合いの難しい子どもと保育者との情動調律を通して
  • 相談動機の低い思春期の生徒への予防的・心理臨床的支援を探る:縦断メンタルヘルス調査から見えた「相談しない」「相談できない」子どもたちの臨床像

2004年度 (平成16年)

  • 夫婦の相互性と地域ネットワークとのつながり:心理学的アプローチからの子育て支援に向けて
  • フィリピン(セブ島)におけるCDC発達検査の検討:生活に根ざした援助のために

2003年度 (平成15年)

  • 母親のアイデンティティ様態:母親の語りに注目して
  • フィリピンセブシティ栄養不良時に対する食事支援の心理的効果に関する研究
  • 女子高校生を対象とした心の健康教育 : 摂食障害予防教育の試み

2002年度 (平成14年)

  • 思春期における第二の個体化過程の様相 : 児童精神科適用を前提としたアナログ研究  
  • 幼稚園-小学校の移行期における子どもと保護者のアセスメント : 予防的実践を目的とした適応リスクの予測と問題状況および変化の様相
  • 乳幼児と母親の相互作用における調律行動の一研究:発達におくれのある子どもと母親の愛着形成の視点から

2000年度 (平成12年)

  • 食事場面における母子の関係性のあり方 : コントロールと相互性の観点から
  • 中学生のメンタルヘルスと学校内外における心理的援助について : 教師と心理臨床家との連携の可能性  
  • 青年期・成人期を対象とした対象関係尺度作成の試み : 臨床適用を視野に入れて

卒業論文

2017年度 (平成29年)

  • 子育てマンガにおいて父親体験はどのように描かれるか
  • 家庭科教職課程履修者の家庭科観
  • 母親の境界例心性が青年に及ぼす影響―ユーモアの緩和効果に着目して―
  • 感謝の体験―感情と身体感覚の知覚の関連から―
  • 幼児のスピリチュアリティとその発達―キリスト教系保育園におけるお祈りと神様のイメージのインタビューから―

2016年度 (平成28年)

  • 被災地の放課後児童クラブにおける遊びの変化

2015年度 (平成27年)

  • 保育者養成短期大学生におけるキャリアレディネスへの関連要因―保育実習経験に着目して―

2014年度 (平成26年)

  • 両親間葛藤が個人の認知を媒介して大学生の自尊感情に与える影響
  • 乳児院の乳児の抱き心地に関する探索的研究
  • インターネットによる子育て支援

2013年度 (平成25年)

  • 大学生が捉える優等生像と理想像についての検討

2012年度 (平成24年)

  • 青年期のストレス対処に及ぼすユーモアの影響について―支援的ユーモア尺度の検討―
  • 青年期から成人期への移行期における母娘関係の変化のプロセス
  • 働く母親の子育て感情―サポートに焦点を当てて―

2011年度 (平成23年)

  • 縦断調査から見たレジリエンスとメンタルヘルスとの関連
  • 青年のもつ家族観と将来の家族イメージの関連―大学生を対象とした調査から―

2010年度 (平成22年)

  • 食事場面における初期の母子の相互作用
  • Motherhood Constellationから見た現代日本における母親期の女性の心的世界についての研究

2009年度 (平成21年)

  • 日本人高校生の海外留学における異文化適応と家族の役割
  • 保育者の援助志向性とバーンアウトとの関連―保護者対応を巡って―

2008年度 (平成20年)

  • 30~40代独身女性が「食」に付与する主観的意味
  • 幼稚園での生活における情動調整の発達 : 身体的調整行動を指標にして
  • 大学生の家族関係とひきこもり願望に関する検討

2007年度 (平成19年)

  • 「学校力」アセスメントシートの作成 : 学校臨床に関するアクションリサーチに向けて
  • 「やさしさ」からとらえる現代青年の友だちとのつきあい方

2006年度 (平成18年)

  • 中学生の立ち直り経験とソーシャルサポート・友人への適応感の関連

2005年度 (平成17年)

  • 働く親が利用できる地域の子育て支援:保育園での支援に着目して
  • 児童期における食事場面の描画およびイメージの検討:大学生における食の心理的意味と絡めて
  • 幼稚園年長から小学校1年生にかけた子どもの学校生活における人との関わりの検討:インターンシップの体験をもとに縦断的な参与観察から
  • 女子中学生が持つ「居場所」と学校メンタルヘルスとの関連
  • 児童養護施設卒園生の形式的自立と内的成熟の関係:人生転機としての卒園をめぐる語りから
  • 家族・教師・友人に対する被援助志向性と問題行動との関連

2004年度 (平成16年)

  • 仲間関係が希薄に見える子どもの仲間関係の状態像 : 小学校の休み時間の縦断的観察から
  • ドメスティック・バイオレンス被害女性への心理的援助に関する研究 : 「二次被害」からみたDV被害女性の援助期待について
  • 保育者における話し合いの意義
  • 幼児の食行動とその心理的意味の検討 : 弁当場面の観察から
  • 「自己の語り」と職業アイデンティティ : 仕事から得られる意味とは
  • 生徒文化とメンタルヘルスによる規範意識の違い

2003年度 (平成15年)

  • ハローワーク利用者の将来像の描き方 : 210名の面接調査
  • 大学生の無気力の多面的研究 : 要因・主観的認知・対処法を探る
  • カップル双方の視点から捉えた青年期の恋愛関係における学び : 対人関係観の変化を中心に
  • 大学生の対人恐怖的心性に関する一考察 : ふれあい恐怖に焦点をあてて
  • 大学3年生の就職不安に関する研究 : 時間的展望との関連
  • 沖縄県の乳幼児を持つ母親をとりまく育児環境と育児観 : 地域特性を生かした支援策の検討
  • 大学生の対人不適応感と両親の養育態度の関連

2002年度 (平成14年)

  • 仕事を持つ独身女性の女性性の葛藤
  • 乳幼児期の子どもを育てている夫婦の関係 : 相互性の視点から
  • 思春期女子の身体変化のとらえ方
  • 産婦人科受診への抵抗感と受診体験の考察
  • 対象関係からみた青年期の恋愛関係
  • 大学生における男性性・女性性に関する研究 : 対象関係にみるジェンダー・タイプの問題

2001年度 (平成13年)

  • 女子大生の結婚観の時代的変遷と「結婚」というライフイベント : お茶の水女子大学の卒業論文と修士論文を資料として
  • 恥の探索的研究 : 情緒としての視点から
  • 食の視点からとらえた摂食障害 : 食意識・ジェンダーの視点を絡ませて
  • 青年期女子の摂食障害傾向とボディイメージ : ジェンダーの視点から
  • 自己愛傾向と健康度及び回避性との関連

2000年度 (平成12年) 

  • 高校生における友人関係の獲得様式と第二の個体化過程の関連性 : new objectの獲得という観点から
  • 30代後半の専業主婦と実母との関係 : 母親からの自立のプロセス
  • 強迫性と責任感の関係についての考察

1999年度 (平成11年)

  • 現代青年の役割観について:自己の意見と世間・両親の意見の認知
  • 女子大学生の希望就業形態とその心理的要因:専業主婦に対するイメージ・自己評価・子供観との関連
inserted by FC2 system